財布はブランド物

財布はブランド物がお勧めです


財布は非常に様々なものが売られています。がま口タイプ、二つ折り、三つ折りなど実に様々なフォルムのものが販売されているのです。またカラーや素材も実に多様であり、洋服などと何ら遜色ない種類が市場には出回っているのです。

お金が入れば何でも良いと言う考えの人も多いものですが、そうした考えは捨てなければいけません。財布とは非常に他人が注目するアイテムでもあるのです。どんなデザイン、素材、フォルムを持っているのかということが注目され、そこからその人のイメージや印象が決定づけられると言っても過言ではありません。

お金が入ればいいと言う考えで、皮革の四隅が剥がれたもの、縫製がはずれて糸が垂れているもの、シミや汚れがひどいものを使っていると、お金にルーズであると思われても仕方がないと言えるのです。とくにサラリーマンであると取引先との大事な商談などでレストランや料亭を使って会食することもあります。こうしたシーンでは自分が会計の際に財布を取り出し支払をする必要があるのです。

こうした場合に汚い財布を取り出すと、いくら会食で話がスムーズに運んだとしても、お金にルーズで信用がおけないのではないかというイメージを与えかねないのです。こうした社会的信用を失墜させないためにも、財布選びにも神経を使い、自分を高めてくれるものを選びたいものです。

一番手っ取り早い選び方は、高級品として認知度の高い有名ブランドの財布を意図的に選ぶことです。有名ブランドものであると、その販売価格は最低でも10万円近くする代物です。こうした高級品を持っていると、収入の高さ、社会的地位の高さを他者に誇示でき、自分を高めてくれるアイテムとなり得るのです。

特に自分のセンスや感性に自信がない場合は、ブランドロゴの金具が大きくついたデザインの物、ブランドの刻印が目立つ物、高級皮革のオーストリッチやクロコダイル皮革が多く使用された財布を選ぶと、間違いなく自分の社会的信用を高めるものとなってくれます。

またできれば長財布を意図的に選びたいものです。この財布は決してお札を折り曲げることはないのです。

お札を丁重に扱う財布を持っている人は、仕事においても丁寧で信頼がおけ、お金に関してきっちりしているというイメージを与えるものです。

こうした些細な小物であっても、そこから発信する情報はとても多く、そのことで自分の地位やクラスを高めたり、逆に下げたりもするのです。そのためどんな小物であっても何でも良いという考えは捨て自分を高める物を持ちたいものです。